ぎっくり腰

2019.12.05

ぎっくり腰

こんにちは、代田橋北口整骨院の石橋です。

 

皆さんは、重い物を持って腰に急な激痛が走ったことは

 

ありませんか?

ぎっくり腰のイラスト(男性)

ぎっくり腰は正式名称は急性腰痛と言います。

 

突然激痛がやってきて、重度になると立っていられなくなったり

 

寝返りすらできなくなるとてもつらい腰痛です。

 

原因は様々ですが、「骨の歪み」や「腰の筋肉の脆弱化」、

 

過度なスポーツによる筋肉負荷」などが挙げられ、腰に

 

過度な負荷が掛かり発症します。

 

多くは一週間~二週間で自然に回復していきますが、

 

時間経過で治らない場合や下半身にしびれが出る場合

 

椎間板ヘルニア他の症状の可能性があります。

 

ぎっくり腰の予防には、姿勢を気を付ける、物を拾ったり

 

持ち上げるときに腰から曲げずに膝から曲げる様にする

 

十分な筋肉量(腹筋や背筋を鍛える)や柔軟性を保つが大切です。

 

腰痛はインナーマッスルという姿勢を支える筋肉が上手く使えて

 

いなかったり衰えていたりすると、腰の骨に過度なストレスが

 

かかりぎっくり腰なるリスクが増えます。

 

インナーマッスルがあるかないかの検査は当院でも行えますので

 

興味がありましたら是非相談にいらしてください。



スタッフ 石橋 佳幸