熱中症

2018.07.18

熱中症

 

熱中症とは、高温多湿な環境下において、体内の水分及び塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、循環調節や体温調節などの重要な調節機能が破綻するなどして発症する障害の総称であり、めまい失神筋肉痛筋肉の硬直大量の発汗頭痛気分の不快吐き気嘔吐倦怠感虚脱感意識障害痙攣手足の運動障害高体温等の症状が現れます。

 

このような症状が現れましたら応急処置として、冷所での安静、体表の冷却、水分と塩分(ナトリウムなど)の補給をしてください。

重度の場合はすぐに医療機関へ

 

最近30℃を超える日が続いています。

 

皆さんお体に気を付けてお過ごしください!



副院長 倉俣 智大